×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ワインへのこだわり

ワインへのこだわり

直輸入のワイン

直輸入のワイン

有限会社日西商事は、直輸入のワインをメインに仕入れを行っております。種類豊富で他店ではなかなか見ることができない商品も多数ございます。贈答品や食事中のお酒として、お気に入りの逸品を見つけてください。

リーズナブルな価格

リーズナブルな価格

ワインは、一般的には高価なイメージがついていますが、当社で扱う商品に関しては相場よりも安い金額でご提供しております。あまりワインを飲まないという方も、当社の商品は飲みやすいワインも多くありますので、この機会に是非お試しください。

産地にこだわったワイン

産地にこだわったワイン

当社は、スペイン・ナバーラ産のワインを仕入れることが多々あります。ナバーラは、フランシスコ・ザビエルの生誕地としても有名ですので、ご存知の方もいらっしゃると思います。ナバーラワインは、赤60%、ロゼ30%、白10%程度で生産を続けられていて、赤ワインが特に有名です。品質も高く、料理にも合わせやすく飲みやすいワインとなっております。

セニョリオ デ サリア社のワインの歴史

1.ナバーラ王国

ナバーラ王国

当社ではナバーラで造る至極のワインを1979年より直輸入し、皆様の元へ販売をいたしております。
ナバーラワインは大変古い伝統を持っていますが、公に記された歴史はナバーラ王国の統治下より始まっています。
当時支配していたテオバルド家のテオバルド1世はオリテの地にぶどう園を設けました。テオバルド1世は広大な酒蔵の建設、緑のジュースと呼ばれるワインの製造を広めるなど、ナバーラワインの発展に努めました。
テオバルド1世の貢献により、ナバーラのワインがフランシスコ・ザビエルや日本、そして当社へと繋がって皆様の元へお届けしております。

2.セニョリオ デ サリア社

セニョリオ デ サリア社

当社の仕入れ先「セニョリオ デ サリア社」はフランシスコ・ザビエルの留学費の一端となったゆかりの地「ナバーラ」のワインをお作りしています。
現在のセニョリオ デ サリア社は、サリア・ソテス・エコジェン・アゴスの4家が所有する各醸造所が1951年に作られたワインメーカーです。そしてその歴史をたどっていくとナバーラ地方出身の聖フランシスコ・ザビエルの兄(アスピルクエタ将軍)が所有者のひとりであるソテス家の一員であったことがわかっています。

3.フランシスコ・ザビエル

フランシスコ・ザビエル

日本に初めてワインをもたらしたのは、フランシスコ・ザビエルと言われています。
聖フランシスコ・ザビエルは1506年、現在のスペイン北部にあったナバーラ王国のザビエル城に生まれます。
話は進み、1535年ザビエルはパリのソルボンヌ大学で学んでいましたが、留学費などの理由で生活が苦しくなりました。その時、援助をしたのが兄のアスピルクエタ将軍です。アスピルクエタ将軍はザビエルの生活費をワインを売って得たお金で援助しました。
そして、イエズス会に入ったザビエルは、キリストの宣教師として、1549年に日本の地を踏み、キリスト教とヨーロッパの文化、そしてワインを伝えました。

未成年者への酒類の販売は
いたしておりません

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。
お酒は楽しく、ほどほどに。飲んだあとはリサイクル。
当社では20歳未満と思われるお客様の場合必ず年齢確認を行い、未成年者へお酒を販売しないように取り組んでいます。

未成年者への酒類の販売はいたしておりません